妊娠中に起こる頭痛の改善策!薬を飲むリスクを避けよう!

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s
妊娠中は体に様々な症状が出てくるデリケートな時期です。

その中ででも頭痛は厄介な症状の一つです。慢性的に起こる事や、症状が長く続くことで頭痛が一番つらいという方も多いでしょう。

しかし妊娠中に薬の服用をするのはリスクがある為避けたいものです。

そこで今回は妊娠中の頭痛を改善する方法を調べてみました。

妊娠中に頭痛が起こる原因

原因としてまず挙げられるのはホルモンの変動です。妊娠中に飲み分泌される成分が原因で頭皮や髄膜、脳周辺の血管が拡張してしまい頭痛が起こります。

他にも筋肉のコリや便秘などの体の異常でも頭痛は起きます。

特に筋肉のコリや便秘はそれだけでも辛い症状ですのでここに頭痛まで加わると相当なストレスを感じます。

そして最後にあげられるのが妊娠高血圧症候群という病気です。これの症状として血圧の上昇が起こり頭痛を引き起こします。

改善策として

妊娠中にも飲めるもので水分を十分な量とりましょう。麦茶や水等で約2リットルを目安に摂る事で便秘の改善につながります。

そして頭痛を起こしやすくしている食べ物や飲み物を避ける事でリスクを回避できます。チョコレート・チーズ・玉ねぎ・インスタント食品・赤ワインなどがありますのでこれらは控えてください。

逆にバナナ・青魚・納豆・レバー等の食材は頭痛を抑制するものですので食べるようにしてください。

他にはマッサージを行う事や生活リズムの改善などが効果的です。

ホルモンバランスの改善はこれ

ホルモンバランスが乱れて起こる頭痛には葉酸が一番です。

葉酸を配合したサプリがありますので簡単に摂取できるだけでなく、他にも鉄分やビタミンB12等の栄養素が含まれている為、貧血やイライラなどを抑えてくれます。

さらに妊娠初期からしっかり飲み続ける事により胎児の先天性異常を約70%軽減すると言われています。

この葉酸サプリには様々な種類がありますが、どれも配合成分が異なります。妊娠中の栄養不足や肌荒れで頭痛が起こっている方には特にベルタ葉酸サプリがおすすめです。

これは他の葉酸サプリにはない妊婦さんの為のサプリとして人気が高い為、ピンポイントで症状に効果を発揮するものです。

一度ためしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク