ストレスが赤ちゃんに与える影響とは?

baby-784609_640

妊娠中はストレスが溜まりやすく非常に不安定でデリケートな時期です。
そんなデリケートな時期にかかるストレスが赤ちゃんにどのようなリスクがあるのかをしっかり知り対策しましょう。

ストレスが溜まる原因とリスク

ストレスがたまりやすくなる原因は、出産への不安、つわり等による精神的な負担、体系の変化があげられます。

ストレスが慢性的にたまることで副腎皮質ホルモンが分泌され、赤ちゃんにADHDや喘息・アレルギー等を伴った状態で生まれてしまったり、脳の発達障害や最悪の場合流産してしまうリスクもあります。

些細なストレスで生まれてくる子供に大きな障害を与えかねないのでストレスには敏感でいることが大切です。普段気づかないような事でも妊娠中は悪影響を及ぼします。

元気で健康的な赤ちゃんを生む為にストレスを発散することを忘れないでください。

ストレス発散にはこれ!

外に出かけよう!

外に出かけることやいつもと違う場所に行くことで解放感と新しい刺激があり、ストレスの発散に非常に効果的です。
近場なのに知らなかったところや子供の遊び場等普段と違った目線で見ることができるので飽きずに楽しめますよ!

規則正しい生活!

しっかりと規則正しい生活を送ることによって慢性的なストレスをなくすことができます。食生活でもしっかりバランスよく栄養素を摂取することで、精神的な安定が望めます。
質のいい睡眠をする為にはバランスのいい食事としっかり疲れを取ることが大切です。旦那さんにも協力してもらって目覚めのいい朝を迎えましょう。

たくさん話をしよう

話をすることがすでにストレス発散に非常に効果的です。さらに今の自分の状態を周りに知ってもらうことで抱えている不安を和らげることができます。
悩みが軽くなると人は笑顔が増えます。笑顔はストレスの発散にとてもいい効果がありますのでたくさん笑って楽しい気持ちで過ごせるように心がけましょう。

自分だけのストレス発散方法を見つけよう!

誰にでも当てはまるストレス発散方法だけでなく人それぞれ自分に最も合ったストレス発散方法があると思います。

それを見つけて行うことでよりこころが安定し、元気で健康的な赤ちゃんになりますよ。

何もやることがないというだけでストレスは溜まりますので、動ける限りは家事等の普段している事をするようにしましょう。

他に一番見つけやすいのは趣味なので、興味があることはまずやってみましょう!

スポンサーリンク