葉酸は年齢に応じて摂取量が違う?その噂は本当?

medications-257346_640

葉酸は男女問わず必須の栄養素で、特に妊娠中や貧血、生理痛がひどいと言う方にはまさに救世主的な存在です。

しかし年齢によって接種料が違うのであればせっかく接種してても多すぎ足り少なすぎたりするのはとてももったいないですね。

そこでどれぐらいの量が推奨されているのかを調べてみました!

一体私はどれぐらい接種すればいい?

厚生労働省の定めた基準としては葉酸は、1日240μgが望ましい、過剰摂取は1日1,400μg以上と言われていますが、これはあくまで一般的な成人に対しての表記です。

なので20代のうちは推奨されている量で問題ありません。

それでは20代以外の年齢層に合わせてみていきましょう。

10代~30代

30半ばまでは240㎍で問題ありません。

30代を過ぎてくると栄養素の吸収率が低下してきますので、30代の後半に差し掛かってからは少し多めに300㎍~500㎍程度の摂取が好ましいとされています。

40代~60代

この年代の方は300㎍~500㎍をきっちり接種するようにしてください。

30代よりも栄養素の吸収率が低下している為240㎍では不足がちになってしまいますので、食事だけではなくサプリなどを服用してもいいでしょう。

70代以降

70代を超えてからは500μg~700μgでも多くはありません。葉酸不足に陥る可能性の高い年代ですのでしっかりと補給して健康に過ごせるように心がけましょう。

全年齢層1,300μgは過剰摂取になってしまう為気を付けましょう。

妊婦さんは例外!

妊婦さんに関しては、妊娠時に480μg、産後に340μgを目安に摂取しておきましょう。

妊娠中は先天性の異常をなくすためにもしっかりと接種しなければなりません。
産後は体内で傷ついた細胞の再生や不足してしまっている栄養素がたくさんありますので、多めの摂取が大事ですね。

そこで簡単に葉酸を摂取できるサプリとして葉酸サプリが多数販売されています。

その中で人気のあるベルタ葉酸サプリにリスクはないのか、安心して服用できるものなのかを当サイトで調査していますので一度調べてみてください。

スポンサーリンク