不妊治療で行われる卵管造影検査ってどんな検査?

ev185143024_tp_v

不妊治療を行ったことのある方ならだれもが知っていると思いますが、これから検討している方にとってはどんな治療なのか解らず不安ではないでしょうか?

そこでどのような検査をしてるのか気になる内容を調べてみました!

卵管造影検査とは?

妊娠をするうえで卵管が正常な状態であることがとても大切です。

もし主要ができていたり、通過性が通常でない場合はこちらを改善しなければそもそも妊娠する事が困難になります。

卵管造影検査は不妊治療の初期段階で行われる検査で、これらの症状が出ていないかを調べるものです。

検査方法としては子宮内にバルーンカテーテルと呼ばれるものを膨らませてその中に造影剤を注入します。そしてその造影剤が子宮内で広がっている様子をレントゲン写真で確認していくものです。

この検査は自治体が助成金を出しているケースが多い為、一度今お住いの市区町村に確認をしてから受ける事をオススメします。

不妊治療以外で何とか妊娠したい

不妊治療でいろいろ検査される事が嫌だという方は当然多いでしょう。治療を受けずに何とか改善できないものかといろいろ調べてみた結果ですが、葉酸が非常に深いかかわりがあることが分かりました。

葉酸は妊娠中に飲むものだという誤解をしている人が多いと思いますが、そもそも葉酸はすべての人にとって必要な栄養素です。

葉酸にはホルモンバランスを正常にする事や、体温グラフの安定・造血効果等様々な効果があります。妊娠に関しても重要な細胞の再生を促進させる効果や生理痛の原因であるプロスタグランジンの過剰分泌を抑える事で妊娠しやすい体づくりに効果を発揮します。

オススメの葉酸サプリ

葉酸サプリは多数販売されていますが、その中でも最も人気が高くモンドセレクションで金賞を受賞しているのがベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリには妊娠に必要な葉酸やビタミンB12.鉄分等を含め様々な栄養素が配合されています。

子の栄養素の効果で栄養不足や肌荒れにまで効果がある為女性のことを考えて作られた唯一の葉酸サプリと言えるでしょう。

しかし、人気や知名度だけを信じて購入するのは非常にリスクがありますので、しっかりと調べてから購入することをオススメします。

スポンサーリンク