体の状態を把握して肌荒れのリスクを回避しよう!

sep88_nikori15195840_tp_v

一ヶ月通して肌が荒れやすい時期と荒れにくい時期があることを知っていますか?

生理中は肌が荒れやすいと言う事はご存知の方が多いと思いますが、それ以外のタイミングでも肌荒れが起こりやすいのです。

体の状態を把握してそれに見合ったケアをしてあげなければ逆効果を引き起こすリスクがありますので、しっかりと把握しておきましょう。

肌荒れを防止する為に!

毎日のスキンケアで肌荒れのリスクは回避できるものです。

しかし毎日しているつもりでも回避できない方もいますよね。

その原因は生理周期に関係しています。

実は生理中以外にも生理前や生理後2週間経過した頃は非常に肌が敏感になります。この敏感な状態の肌に刺激の強いクレンジング等を使っていては、肌が乾燥してしまいニキビや肌荒れを引き起こす恐れがあります。

生理に向けて徐々に老廃物が溜まってくることによって血行が悪くなり、乾燥肌になってしまい、このタイミングで塩分やカフェインを多く摂るとニキビや炎症が起きやすくなってしまうのです。

普段使っている化粧品や、食事が原因で肌荒れを起こしている可能性がありますね。今の状態に合わせて摂取を控えたほうがいい成分や使う化粧品を変える等変化を付けてあげる事が大切でしょう。

体の状態を理解して正しくケアしよう!

生理が終わってから2週間は安定しているので食べ物や飲み物に気を付けなくても普段のスキンケアで肌トラブルを防止できます。

しかしそのあとからは普段よりもしっかりと保湿しなければなりません。

そしてこの時期は紫外線対策もしっかり行わなければ肌バリアが低下している為シミやそばかすができやすいというリスクがあります。

そして一番いいケアは体を温める事です。

ストレッチやヨガなどの激しくない運動をする事・冷たい飲み物や食べ物を控える事をオススメします。

しかし暖かい飲み物でもコーヒーばかり飲んでいると肌トラブルのもとなので気を付けてください。

まとめ

体の状態は常に変化しています。

変化に合った対応をしていくことでいつも綺麗でいられます。

しかし生理周期が安定していない方は中々大変です。

そこで生理周期を安定させる為にホルモンバランスの乱れを正せる様に生活習慣を見直しましょう。

スポンサーリンク