生理痛で見落としがちなリスク!痛みを抑える為にするべきこと!

pak82_namidagaporori1039_tp_v

生理痛がひどいと感じる方は本当につらいですよね。

痛みで動けなくなることもありますし、そのまま貧血で倒れてしまったりと大変なことになる場合もあります。

そこで鎮痛剤に頼らずに緩和する為にするべきことをお伝えします。

生理痛を緩和しよう

生理痛なんて痛み止め飲めば大丈夫!と思っている方が多いかもしれません。

しかし鎮痛剤は一時的に痛みを抑えるもので原因の解決にはなっていません。

それに薬は飲み続けると体が薬に慣れてしまい効果が薄くなってしまいます。

そこで見直したいのが食生活・生活習慣・ストレスの3つです。

生活習慣

不規則な生活を正しましょう。

しっかりと成長ホルモンが分泌される前の22時頃には寝る事・朝起きた時にしっかり朝食を食べる事・運動を適度にする事です。

規則正しい生活を送ることでホルモンバランスの乱れを正します。

極端に言うとホルモンバランスの乱れから生理周期の乱れ・ひどい生理痛が起こります。

偏った食生活を正しましょう

食事は体にとってとても重要です。

しっかりと栄養バランスを考えた食事をしていれば、体で作られる血の量や血液の流れがスムーズになり子宮内膜をしっかりと血で流して出すことができる為貧血や生理痛の緩和につながります。

ストレス

ストレスは体の不調やホルモンバランスの乱れの原因になります。

他にも肌荒れや不正出血等も引き起こしてしまう為ためてはいけません。

遠くに出かけたり、友人と楽しくおしゃべりをすることでも発散できますので溜め込まず発散して下さい。

まとめ

薬に頼らなくても痛みを改善することはできます。

あとは葉酸や鉄分をしっかりとって造血作用を上げる事でさらに緩和します。

人によっては痛みを感じなくなることもありますよ。

そこでおすすめしたいのが、葉酸や鉄分等の生理痛に効果を発揮する葉酸サプリです。

しかし、葉酸サプリは様々な種類がありますが十分な量の成分が配合されていないものも多くありますので、配合量や他の成分をしっかり把握して購入しないと効果が出ないというリスクがあります。

そこで葉酸サプリで高い人気があるベルタ葉酸サプリにリスクがあるのかしっかりと把握できるように調査していますので興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク