双子が生まれる確率は高齢妊娠と関係がある?

双子には、姿がそっくりな一卵性双生児と姿が違う二卵性双生児の2種類あり、それぞれが体内で異なった成長をします。その中でも高齢出産の方は一卵性双生児の出産率がたかくなると言われており、出産に対するリスクも高くなります。

何故高齢だと確率がたかくなるのか?

一卵性双生児は1つの受精卵が成長過程で2つに分裂して成長することでおこる現象です。この原因として上げられるのが、ホルモンバランスの乱れ・卵子の退化・激しい運動です。高齢妊娠の場合、このうちのホルモンバランスの乱れと卵子の退化が大きくかかわってきます。

年齢と共にホルモンバランスの乱れはひどくなり、卵子は退化していきますので安定期に入ったとしても安心することはできません。大きな病院で定期検診をしっかり受けて無事に成長できているかを気にしながら負担をかけないようにしましょう。

双子妊娠で増えるリスクとは?

おなかの中に2人の命を授かるためその負担は1人の妊娠にくらべて単純に倍になります。これによりメンタル面での安定が失われることや貧血で倒れてしまうなど症状がひどくなり母体に相当な負担がかかります。

このため、普段摂取している栄養素をより多く摂取する必要があり、食事量が増えてしまいます。このときに食べる量が多すぎて肥満になってしまうと胎児にとって危険が生じます。特に高齢の方は代謝が低下している為この現象が起こりやすくリスクが高くなります。

そのため、マタニティヨガや安産体操などの運動をして現状を維持することや葉酸サプリを服用して血液の増加やホルモンバランスを安定させることが重要です。

まとめ

高齢妊娠にはもともとリスクが多くありますので、双子を身ごもったときは、特に医師から正しい知識を学び実行することが大切です。

誤った知識で大切な妊娠初期を過ごしてしまうと、胎児だけでなく母体にまで危険が生じますので、すこしでもリスクを軽減するために知識を付けて実行しましょう。

高齢の方は特に体力の低下もありますので、辛い時期が続きますが旦那さんにも協力してもらうことで元気な赤ちゃんを産むことができるはずです。あきらめずに頑張りましょう。

スポンサーリンク