高齢出産を望むなら治すべき習慣!

様々なリスクがある高齢出産ですが、妊活中の生活習慣を見直す方はあまり多くないように思います。しかし、妊娠は妊活中の体の状態で後の危険性が変化するという落とし穴がありますので、しっかりと健康な赤ちゃんを産む準備をしましょう。

高齢出産中に避けるべき習慣

もともと体に良くないとされる習慣は避けるべきです。例えば、高カロリーな食事ばかりで栄養バランスが乱れている、睡眠時間が足りていない、肥満体系、飲酒喫煙などがあげられます。

まず赤ちゃんを身ごもる体をキレイな状態にしておくことが大切ですので、飲酒や喫煙は最も避けるべきでしょう。そして、老化が進行してしまった体では、しっかりとあかちゃんが育つことができず早期流産などもありえます。

睡眠時間に関しては、妊娠にとって非常に重要なホルモンのバランスが乱れてしまうため、睡眠時間を決めて規則正しいリズムで生活するようにしましょう。

改善する為に

まずは食事です。しっかりと栄養バランスを考えて野菜や魚、海藻などをしっかり食べましょう。他に補給しきれない栄養素に関してはサプリやドリンクを活用すると非常に楽になります。例えば食べ物からの摂取が難しいとされている妊娠に必須の葉酸などはサプリからの摂取が最も効率が良いでしょう。

そして規則正しい生活リズムに運動を取り入れましょう。好ましいのは、もっともホルモンの分泌が活発になる夜の22~2時の間には眠ることです。そして朝にしっかりと目覚めて日光を浴びながらウォーキングを行うなどの運動を取り入れることで体の老化を遅らせることができます。

朝日には、鬱やストレスに対して非常に効果があることが分かっていますので、特にデスクワークの方などは朝のウォーキングで思考がはっきりするなどとても効果的です。

まとめ

人間の体は交感神経と副交感神経が日中と夜で入れ替わっています。夜になると副交感神経が働くためしっかりリラックスすることが大切です。運動や食事は交感神経が働く日中に行うことで太りにくく燃焼しやすいです。これを利用したダイエットで18時以降食べないというダイエットもありますね。

規則正しい生活はそれだけでアンチエイジング効果がありますので、高齢での妊活ではより一層力を入れて取り組んでみてください。

スポンサーリンク