高齢出産を成功させるカギはホルモンにある?

様々なリスクを伴う高齢出産を成功させるには一体どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。健康?体系?食事?思い当たることがありすぎてなかなか定まりません。

そこで何を気を付けるべきなのかを定めて取り組めるように調べてみました。

まず高齢妊娠の確率をあげるには?

妊娠をする為には、卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きが重要になります。これらのホルモンがしっかりと分泌されないままでは妊娠に至る確率が著しく低下してしまいます。

ホルモンの働きを活発にするためには、自分の精神状態と体の健康状態が非常に深くかかわってきます。年と共に代謝が低下することで太りやすい体質になり、食事や生活習慣は変わっていないのに太ってしまうということがあります。

そして太ることで精神面にも異常が現れてホルモンバランスが乱れしまいます。とくに、生理痛が酷いという方はすでにホルモンバランスに乱れがある可能性が高いため気を付けなければなりません。

改善としては、代謝を上げるために運動を取り入れること、食生活を見直すことです。単純に筋肉量が増えることで代謝は上がりますので、運動を適度に行う事で太りにくい体になります。食事では栄養バランスの整ったメニューをこころがけましょう。

摂取しにくい葉酸などの栄養素はサプリから補給すれば簡単に補う事が出来ます。

ホルモンが整えば高齢出産のリスクを軽減できる?

実は妊娠時にホルモンバランスが乱れていると胎児にとって悪影響が及びます。ホルモンバランスの乱れは精神の不安定要素ですので、イライラしやすくなったり、いきなり不安になったり安定しなくなります。さらにひどくなると陣痛の痛みが増し、常に吐き気や頭痛などの症状が現れます。

これによって胎児には特に先天性異常に対するリスクが高まるため、妊娠中は穏やかにストレスを発散しながら過ごすことが大切です。今ではマタニティーヨガや安産体操などの妊婦さん向けの運動が多数ありますので試してみるのも良いでしょう。

そして、妊娠してから最も大切な栄養素は葉酸です。これをしっかりと接種していることで、なんと先天性異常を約70%予防する事が出来ますので、しっかりと摂取しましょう。

総評まとめ

高齢出産をして赤ちゃんに異常が現れたとういう方がたくさんいることは事実です。しかし、それと同じぐらい成功している方がいるのも事実。あきらめず健康管理に気を付けて過ごすことできっと最高の結果を手に入れることができるはず!

有名どころでは、東尾理子さんや山本モナさんが高齢出産をして成功したと話題になりましたよね。

旦那さんとも協力してしっかりとケアすることで成功する確率を上げましょう。

スポンサーリンク