高齢出産があぶないのはなぜ?

出産する年齢でリスクが変わることはご存知の方が多いでしょう。しかし、そもそもなぜリスクがたかまるのでしょうか?

年齢と共に体力が低下するから?内臓機能が低下するから?実際のところしっかり把握している方はどれぐらいいるのでしょうか。

そこで当サイトで高齢出産がなぜ危ないのかを調べてわかりやすく解説していきます。

高齢出産は何歳から?

日本産婦人科学会では、35歳以降の出産を高齢出産と位置づけています。しかし1993年は30歳だったため、年代と共に変化している傾向にあるようです。

これは、1993年以前に比べて結婚をする年齢が高くなってきている事が原因です。変更後の結婚年齢は男性が30歳女性が29歳ですので、これに伴って妊娠する時期も遅くなってきているのです。

2000年以降は女性の社会進出が活発になっているので若くして結婚したいと考える人自体が減っているのでしょう。

高齢出産のりすくとは?

年齢と共に様々な機能が低下していきます。この機能のうちとくに出産に関連しているのは、免疫力の低と精子・卵子の質です。

まず卵子・精子についてですが、歳と共にこれらも老化していきます。その為妊娠する確率自体が低くなってしまうのです。実際20代では不妊症で悩む方は少ないのですが、40代を超えてからは半分以上の方が不妊症に悩んでいるのです。

うまく妊娠できたとしてもまだ安心はできません。卵子・精子が老化していると染色体異常を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなるからです。40代を超えてからは100人に1人は異常がみられるとも言われているほどリスクが高い出産になります。

そしてこの出産にかかわるのが免疫力です。単純にわかる様に妊娠中に病気にかかると言うこと自体が胎児にとってリスクがあるのです。もし仮に風疹のような危険な病気にかかっていしまったら高確率で異常のある赤ちゃんになるとも言われています。

まとめ

高齢出産には様々なリスクがありますが、最近では芸能人の方で高齢出産を成功させている方も多いです。

これはしっかりと健康面でのケアを行っている結果なので、高齢出産をする場合は妊娠前に自分の体を健康な状態にし、しっかりと運動をすることをオススメします。

年齢と共に食事量は減っていきますので、栄養不足になっている方が多く見られます。栄養バランスのとれた食事を心がけることも大切ですが、サプリなどでもしっかりと補給できます。

高齢出産で話題になった東尾理子さんや山本モナさんは葉酸サプリを飲んでいたと自身のブログでも語っていることを考えると葉酸サプリは効果的なのではないでしょうか。

スポンサーリンク