ベルタ葉酸サプリが妊婦さんの為に行う取り組みとは?

pregnant-1245703_640
ベルタ葉酸サプリは妊婦さんの応援企画にも力をいれており、「ママと赤ちゃんにやさしい社会をつくるために」という思いの元様々な取り組みを行っています。

市役所と協力!

静岡県の伊東市役所の中にある”伊東市子育て支援課母子保健係”と協力のもとマタニティママに優しい環境つくりを行っています。

伊東市子育て支援課母子保健係はその名の通り、児童手当や子育て支援医療費助成制度、母子家庭等医療費助成制度等を扱う窓口で、妊活中の方や妊娠中の方にとってとても心強い窓口です。

こちらの窓口と協力する事でマタニティママに対して優しい環境つくりを実践しています。

様々な場所にマタニティーマークを!

マタニティーマークとは、妊産婦が交通機関などを利用する際に周囲に対して妊産婦への配慮を示しす為に身に着けるマークです。他にも、職場や飲食店等にもポスターとして掲示する事で妊産婦の方にとってやさしい環境作りを推進するものです。

ベルタ葉酸サプリは、このマタニティーマークを広める活動を行っており、東京都交通局の協力のもとマタニティーマークの入ったポスターを掲載しています。

これは妊娠中の方が電車で座れない事や、喫煙者の副流煙を吸ってしまう事等の胎児にとって悪影響を及ぼす状態を周囲の方の協力によって無くしていこうという事を目的にしている為、商品の事だけでなく、社会的にも妊婦さんに優しい社会にしようという事が伝わります。

まとめ

様々な葉酸サプリがある中で、こういった社会的活動に積極的なブランドは多くはいないでしょう。

こういった取り組みは、ベルタを運営する株式会社ビーボの半数以上が女性社員である事が関係しており、妊婦さんにとって本当に優しい社会にする!と言った気持ちや、妊婦さんにとって良い商品を作りたい!と言った開発段階の思いから来るものです。

これだけ考えて商品を作り、行動に移していることを考えても非常に良いブランドだと言えるでしょう。

スポンサーリンク