葉酸不足で巨赤芽球性貧血が起こるリスクを回避しよう!

doctor-563428_640

葉酸が不足することで体には様々なリスクがあります。

それを回避する為に日ごろどのようなことに気を付けるべきなのか、原因をしっかり把握してリスクを避けましょう。

巨赤芽球性貧血とは?

これは葉酸とビタミンB12が欠乏することで、細胞分裂が正常に行えなくなり起こる病気です。

赤芽球というのは赤血球になる前の未熟な細胞で骨髄の中にあります。細胞分裂が正常に行えなくなると、この赤芽球は大きくなってしまい、その後できた赤血球も大きくなってしまいます。

これが起こると赤血球になる前に壊れてしまい、大球性高色素性貧血を引き起こします。

他の白血球や血小板にも同じ症状が出てしまう為、すべての血球が減少してしまい、汎血球減少症という病気になります。

これによってめまい・貧血・頭痛・怪我をしても血が止まりにくくなる・風邪をひきやすくなると言った症状が出ます。

検査を受けないと気づきにくい?

この症状はただの体調不良や、貧血で済まされて気づくのが遅くなってしまうケースが多いです。

そこで症状が頻繁に起こる様になったと感じたらまず検査を受ける事をオススメします。

しかし、検査を受けたとしても病名が見極められないケースもあり、骨髄検査まで受ける事になることもあります。

しかしこれを放置していては、生活に支障が出てしまう事はあきらかですので気になる場合は検査を受けてみましょう。

改善する為に!

もともと原因である葉酸とビタミンB12の欠乏を阻止する事で未然に防ぐ事ができます。

しかし葉酸は体内への吸収率が悪く、すぐに排出されてしまいます。

そこでおすすめするのが葉酸サプリです。

葉酸サプリには1日に必要な葉酸が配合されていますので簡単に補う事ができます。

ですが様々な葉酸サプリがある中で気を付ける事があります。

それは葉酸サプリによってはビタミンB12や鉄分と行った必須の成分が含まれていない事、もしくは配合量がすくな過ぎて効果が出ない事があります。

こういった葉酸サプリを購入してもリスクは回避できません。

そこでおすすめなのがベルタ葉酸サプリです。

こちらの葉酸は配合量も申し分ない他に多数の優秀な成分が含まれています。

興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク